「普天間」から逃げるな

沖縄の地元紙の沖縄タイムスが先日、「佐喜真氏政策発表 『辺野古』から逃げるな」と題する社説を掲載した。

知事選に出馬する前宜野湾市長の佐喜真淳氏が政策を発表した記者会見を受けての社説だ。

 

社説では「(佐喜真氏は)米軍普天間飛行場について『固定化を避け、一日も早い返還を実現し、日米地位協定の改定を求める』としたが、辺野古新基地建設については態度を明らかにしなかった。政策にも明記していない」とした上で、「新基地建設問題の争点化を避ける狙いがあるとみられても仕方ない」と指摘。「新基地の是非を明らかにしないのは有権者を惑わすようなものだ」と批判している。

 

沖縄知事選は佐喜真氏と玉城デニー氏の事実上の一騎打ちとなっているが、「辺野古から逃げるな」との見出しで一方の候補者の政策を批判するのは、やはり、沖縄タイムスは、米軍普天間飛行場の代替施設である辺野古での飛行場建設が、沖縄が抱える唯一の問題だと考えているのだろうし、視野狭窄であることは間違いない。

 

ちなみに、玉城氏の出馬会見を受けた社説は「玉城氏が出馬表明 埋め立ての是非を問え」と題し、「那覇市内で記者会見した玉城氏は、争点となる米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設について『翁長氏の遺志を引き継ぎ、新基地建設阻止を貫徹する』と語った」と伝えているのみだ。

 

すでにこの時点で「争点となる米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設について」と書き、辺野古移設が争点になるとの考えを示しているのだ。

 

有権者を惑わしているのは、このような社説だ。普天間近隣住民の安全性さえも無視し、「新基地建設」などと称し、辺野古移設を阻止しようという考えこそが、沖縄を前進させない隘路となる。

 

玉城氏は、普天間飛行場について即時廃止と返還を主張している。しかし、それは日米両政府に求めるというだけで、具体的な対策、取り組みはまったく示していない。玉城氏の主張は、事実上、普天間基地を固定化しようというものだ。

普天間基地を固定化させないために、どのようなことを行うのか。それを示さない限り、単なる言葉遊びととらえられても仕方ないだろう。

その点については、沖縄タイムスも同罪で、「新基地建設阻止」などと主張し、普天間近隣住民の安全を確保は二の次、三の次とする姿勢は、もはや地元メディアとは言えない。

「普天間」から逃げるな、と言いたくなる。